麻衣子のネアンデールアップ

Just another WordPress site

2か月で4キロのダイエットに成功しました

以前に、炭水化物を少なくするやり方で食事制限をしたことがあります。

しっかり噛むことで、十分に満足しようとしたけれど、やっぱり辛かったです。

やはり日本人ですから、時々は、がっつりと白米を食べたい欲求が強くなるでしょう。

なので、今現在は夜のみ炭水化物の飲食を控えるようにしてますが、朝と昼は何も気にせずに、白いご飯も食べるようにしています。

私が以前に痩せようと思った時、家の中でもできるBBBダイエット方法として、腕たて伏せや腹筋、スクワットなどのトレーニングを行ないます。

そうしながら筋肉量を増やすことで、体内の代謝がアップしやすい状態にした後に、少し早めのウォーキングを30分以上やりました。

これを毎日続けることで、2か月で4キロのダイエットに成功しましたが、ナカナカ続けるのは大変でした。

痩せるためのBBBダイエットには、有酸素運動が一番いい沿うなのでやってみると良いと思います。

私は、家の中で踏み台昇降をできるだけ毎日やるようにしています。

これを長いこと継続すると、心臓がバクバクいいますし、心肺機能のアップと同時に腿やふくらはぎの筋肉も負荷がかかります。

なので、やる前に想像していたよりもずっと体力を消費します。

この運動はテレビを観ながらでもできるのがポイントですが、結構短期間ですごく体が締まりました。

最近は、太って体型が崩れてしまったのでスマートになろうとスマホでしらべていたら、いい対策方法を見つけちゃいました。

その方法とは、結構簡単に継続でき沿うな有酸素運動です。

有酸素運動をやりはじめてからの効果は抜群で、カロリー制限するよりもずっと早く痩せられます。

私も数週間前からウォーキングでBBBダイエットに挑戦していますが、どんどんスリムな体型になっていくので嬉しいです。

bbbダイエットの口コミを見ていると、予想以上に有酸素運動は効き目があるんだなと感動しました。

有酸素運動は20分より多く運動しないと効能が出にくいといわれています。

しかし、今は途中で休憩をいれても20分よりも長く運動していてば、効き目があるといわれているのです。

それと同時に、ほとんどの筋トレは有酸素運動とは真逆の運動ですが、無酸素運動と有酸素運動を替るがわるおこなうことで、それぞれの効果を引き出すことが可能です。

 

 

肌にダメージを与える習慣

喫煙ほど肌にダメージを与える習慣はありません。

肌の健康を保つためには血管による代謝が不可欠ですが、ニコチンをふくむいろいろな有毒な物質が体の血流を阻害します。

そのため、肌に老廃物が残る結果になり、栄養や水分がますます運ばれなくなります。

なお、表皮は普段バリア役として、乾燥や刺激から肌を守っています。

その能力が落ちると真皮に紫外線や乾燥などの影響が及ぶため、皮膚の表面が荒れて小皺が出てくるのです。

ダイエットの反動などで喫煙が習慣化した人もいるようですが、「キレイ」のために喫煙は辞めるようにしましょう。

化粧水や乳液をつけないと、どうなるかと言うと、ほとんどの人は肌がボロボロになることを想像するのではないかと思いますが、現実にはまったく別で肌は若返ります。

メイクアップと言うのは肌にダメージを与えるので、それを全て取り払ってワセリンのみを塗るのが、何よりも優しいスキンケアだと言えます。

保水の力が低下すると肌トラブルを引き起こす可能性が高くなるので、注意を払ってください。

ビタミンCの美白効果をねらって、お肌にレモンの輪切りを貼ってレモンパックをする事が流行になりましたが、これはお肌に悪影響を与えます。

もう誰も使っていませんが、レモン果皮のオイルには、肌につけて紫外線に当たると、皮膚にダメージを与える光毒性があります。

美白やシミ予防の効果をレモンでねらうならば、食べたり飲んだりした方が賢明です。

肌にシワはどうやってできるのでしょうか。

原因なら、乾燥が一番であることはよく言われているようです。

エアコンの風にあたっていたり、汗をかき、汗と供に肌の保湿成分が失われた時は、最大限の注意を払いましょう。

デリケートな肌を乾燥から守るためには、とにかく保湿を何度でも行なうようにする事が大事です。

例えば、スプレータイプの化粧水を持ち歩いて、どこでもワンプッシュするようにしたりしてください。

また、激しい運動の後などは、大量の汗をかいていますから、すぐに保湿が必要となります。

 

 

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén